合宿に臨む心構え

費用を抑えられる、期間を短縮できるといった魅力的なメリットがある合宿免許ですが、一方で注意すべきポイントも存在します。合宿とはいえ、最終的な目的は免許取得に他なりません。そのため、とにかく教習をしっかり受けて試験に合格することを最大の目標としておかなければなりません

その点合宿には、誘惑が多いです。それこそリゾート気分、旅行気分に浸りすぎて教習をおろそかにしてしまったり、友達との思い出作りで満足してしまったりといったケースも懸念しておくべきです。集中して教習に臨める環境である一方、集中を欠く可能性が高まることも懸念されるのです。比較的安いとはいえ、まとまった額を投じて臨んでいるに他なりません。要所はしっかり締めるべきです。

また、費用を抑えられるからといって軽い気持ちで臨むことにも注意すべきです。費用を抑えるために合宿を選ぶとなれば、お得に参加できているという気持ちに浸りやすいです。ですが、お得かつ短期間な合宿免許も、落ちてしまえば期間も費用もさらに倍がかかります。連続して落ちればそれ以上ともなりかねません。

とにかく、運転免許取得のための合宿ですから、それこそを最大の目的として参加しましょう。当たり前のことですが、いざ普段と違う環境になると、気持ちのキープが難しくなる可能性も否めません。心構えとして、覚えておいてください。

合宿免許でお得に

通常の取得方法を選ぶのであれば、前述のような金額が一般的です。では、合宿で取得する場合はどのようになるのでしょうか。ちなみに合宿とは、一般的にそう呼ばれるものと同様で、泊まり込みで集中的に学んで試験を目指す形式です。免許取得を目的とすることはもちろん、同じ目標に向かって頑張る仲間と出会える、短期間で取得できるといったメリットも魅力的となっています。具体的には、AT車で14日、マニュアルなら16日ほどが一般的です。通いでの取得の場合は2~3ヶ月かかるのが一般的なので、スケジュールに限りがある場合でも魅力的でしょう。

肝心の金額について、ご紹介します。車の場合、28~30万円ほどかかるのが通常であると紹介しましたが、合宿の場合はどのようになるのでしょうか。こちらは、宿泊費や食費、交通費なども含まれるため、合宿地によって比較的上下します。ですが相場として、だいたい20万円前後と考えておくと良いでしょう。中にはリゾート気分を味わいながら教習を受けられるような、おもてなしにこだわった高級プランもあります。そして二輪免許についてはさらにお得で、普通二輪で10万円以下でも検討できます。費用を抑えるなら、合宿は検討して損のない選択肢であるといえるでしょう。こうした様々なプランを掲載している予約サイトなどがありますので、参考にしてみると良いでしょう。

参考>>>合宿免許予約サイト『合宿免許ハンター』

一般的な運転免許費用

運転免許取得は、主に2種類の方法から検討することができます。まずひとつは、一般的な方法です。スケジュールに従い教習所に通って、カリキュラムに沿って取得を目指す形です。比較的忙しい中でも合間を縫って取りにいけるため、働きながら取ろうと考えている人には理想的かもしれません。そしてもう一方が、合宿を利用して取得する、いわゆる合宿免許というものです。結論からいうと、後者の合宿免許こそがより費用を抑えて利用できる免許取得となっています。ではいったい、どれくらいお得になるのでしょうか。まずは、一般的な免許取得の費用を把握していきましょう。

自宅から教習所に通って取得する、一般的な方法では、主に次のような費用となっています。まず、普通自動車であればAT車で約28万円MT車で30万円前後です。車を購入する費用に比べれば割と安いかもしれませんが、一度にまとめて払う額としては、少々高くも感じられるでしょう。

次に、二輪免許についてです。車と比べれば規模も小さいため、比較的安いようにも想像できますが、教習所通いであればだいたい5~30万円となっており、車種によってはむしろ車より高い場合すらあります。ですが例外として、教習を受けず一発試験に臨むという方法もあります。その場合は、合宿以上の安さすら期待できますが、やはり確実な合格を狙うのであれば教習は受けるべきでしょう。

運転免許を取るなら

現代社会を生きる上で、車は重要なツールとなっています。持っているのが当たり前といった風潮もあり、多くの人が若い頃から運転免許取得して生活に役立てています。大手車メーカーの調査では、24歳までの約8割もの人が取得を完了しているというデータも出ているようです。社会に出て忙しくなる前に、できるだけ取り終えておきたいという層が多いのかもしれません。とはいえ、もちろん25歳以降であっても取得は有意義です。年代に限らず、検討して損はないでしょう。行動範囲が広がり、人生を豊かにできることでしょう。

さて、免許取得が有益で魅力的と理解しているからといって、誰もが気軽に取れるとも限りません。24歳以前の、そこまで忙しくないタイミングであったとしてもです。理由は、運転免許の取得費用が決して安いものでもないためです。車自体の購入にもまとまった費用は必要となるため、総額で結構な余裕ある金額が必要となってきます。

ですが、安心してください。運転免許取得には、安く実現する方法も存在します。そこまでお金に余裕がない、若い世代であるにもかかわらず取得する人が多いわけですから、当然といえば当然でもあるのですが。以下では、そんな運転免許の費用に関する情報をご紹介しています。相場はどれくらいなのか、そしてどのようにすれば比較的抑えられるのかを知ってみてください。運転免許の取得や車の利用が、より身近に感じられてくるかもしれません。